口コミから植毛できるクリニックを探す【薄毛悩みを無くす】

男の人

頭にあわせて手術ができる

考える男性

ドナーを採取する

自毛植毛をするときには、男性ホルモン受容体が存在しない後頭部や側頭部の髪の毛をドナーとして採取するのが基本です。一般的には、後頭部から髪の毛を採取することが多いのですが採取する際にはメスで採取する方法と機械を利用して採取する方法の二つがあるので、好きな方を選択することが可能です。自毛植毛の人気が高いのは、このように患者自身の頭皮の状態にあわせて手術の方法を変化させることができることです。ドナーを採取するときには頭皮の状態によっては出血を伴うことになるので、一つの方法で行うよりかは選択肢があったほうが無難です。ドナーの量も人それぞれによって異なるので、実際に採取する際には頭皮の状態を確認してもらってからより良い方法を選択することが大事です。

定着するまで時間を置く

自毛植毛の手術が終わった後は、移植された髪の毛が頭皮に定着するまでしばらく時間を置かなくてはいけません。安易に触ってしまうと、せっかく植毛したドナーがすべて落ちてしまうこともありますので手術をした2,3日は洗髪を我慢するように心がける必要があります。自毛植毛は、ドナーの定着を待つことによってそのドナーが普通の髪の毛と同じように成長させることができるようになります。定着した髪の毛は頭皮と癒着しますので、その後は洗髪をしても頭皮からドナーが落ちることはありません。手術に成功すれば育毛が始まって、その後に時期が来れば脱毛期に入ります。脱毛期を過ぎると今度は発毛機に入って手術を行わなくても髪の毛が発育されるので、二度と抜け毛で困ることはないのです。